¥670 ¥250

《販売者》CGP

モデルさんにキャンペーンガール風の衣装と下に水着を着用してもらい同意を得て撮影した動画で、CGPの完全オリジナルです。本編にモザイクや目線等はありません。

第29作目のモデルさんにはa○社風のコスを着用してもらい、a○社コーナー風のセットを組んで、a○社風の小道具を使用して撮影会を行いました。

以下の物語は私の妄想で、面白おかしく書いてみました。全てフィクションです。
[今回のキャンペーンガール]
今回もキャンギャルに罠をしかけます。罠の内容は前回の「キャンギャル逆さ風28」と同じで、開脚した脚を閉じたくても閉じれないようにして、長時間 大開脚のまま撮影会を行う作戦です。

この日も「キャンギャル逆さ風28」と同様に罠グッズである大きめの鞄(カバン)を持ってお店に入ります。 控えめなお嬢さんタイプの可愛らしいキャンギャルを発見したので、最初に確認作業を行うと紫色に花柄? の思いのほか大人っぽいオシャレ生Pでした。早速声をかけますが、今回はタイミングよく鞄を床に落とすことができず、最初は鞄を抱えたままの撮影会開始となりました。 商品説明を聞きながら前からの撮影会を行い、 引き続いて後ろからの撮影会もたっぷり行いました。一通り説明を聞き終えて「分かりました。ちょっと検討してみます。」と言うと、キャンギャルちゃんが笑顔で「ありがとうございました。ご検討ください!」と言ってその場を立ち去ろうとしたのですが、そのタイミングで「あ!そうだ、お姉さんゴメン!」と聞き忘れたことがあるかのように背中越しに声をかけると、キャンギャルちゃんが「はい!」と言いながら振り返ります。 そしてこちら側に体の向きを変える瞬間に、キャンギャルちゃんの足元(足の間)に持参した鞄をドスン!と落とします。今回のキャンギャルちゃんも一瞬ビックリしたような(「危ないな~」と迷惑そうな)表情をしますが、鞄を踏まないように見事に左右に大きく開脚して鞄をまたぎながら いろいろ質問に答えてくれました。その後は見ていただければ分かるようにかなり豪快に開脚したままで、足元に邪魔な鞄があるために最後まで一度も足を閉じることができませんでした。是非ご鑑賞ください。
なんて、全て私の楽しい妄想でした。

再生時間 05:12 ・形式mp4 ・音声あり

language »